気になる男性芸能人

新庄剛志現役復帰!?【野球歴/経歴】おさらい!バリ島生活は!?

出典:https://www.instagram.com/

現役のプロ野球選手時代から様々な話題を振りまいて世間を賑わせていた元プロ野球界のスター選手、新庄剛志さん。

昨年11月、48才で突然のプロ野球復帰宣言をし、また私たちをビックリとさせてくれましたね!
今後どんな風に活躍されるのか楽しみです♪

4月16日放送の「直撃!シンソウ坂上」にも出演され、自身の半生を語ってくれます^ ^

そんな話題の尽きないスター選手新庄剛志さん野球歴・経歴を改めて振り返ってみます。
一緒に見ていきましょう!^^

Sponsored Link
 

新庄剛志(しんじょうつよし):学生時代

  • 1972年1月28日
  • 長崎市対馬市生まれ、福岡市南区育ち
  • 西日本短期大学付属高等学校
  • 身長:181cm
  • 職業:タレント、実業家、クリエイター
  • 愛称:プリンス、ツーさん

父親がプロ野球選手になりたいという夢が叶わなかったので、剛志さんには何としてもプロ野球選手になって欲しいと思い、二人三脚で頑張ってきたようです。

幼いころからキャッチボールをして野球に親しみ、少年野球時代には周りが厳しくて見ていられないときがあったと言うほど練習熱心で、父親から至近距離で猛ノックを浴びせられても泣きながら最後までやっていたそうです。

剛志さんは小さい頃から相当な負けず嫌いだっだのですね^^

高校は、父親の勧めで地元福岡の野球強豪校:西日本短期大学附属高等学校へ入学し、寮生活を送りました。

残念ながら高校時代に全国大会(甲子園)出場は叶いませんでしたが、幼いころから鍛えられていた肩の強さを認められ、阪神タイガースからドラフト会議で5位指名を受け、入団することになりました。

新庄剛志(しんじょうつよし):阪神タイガース時代

出典:https://twitter.com/

1990年から2000年阪神タイガーズに在籍

契約金3,700万円、年俸(年収)360万円、まずは二軍からスタートです。
翌年、1991年9月には一軍へ昇格。

(虎の)プリンス」という愛称が浸透していき、低迷していた阪神の戦績を優勝争いへ導くなど、あっという間に人気スター選手へとなりました。

当時住んでいた阪神の寮へ、毎日段ボール一箱分もファンレターが届くほど凄まじい人気ぶりだったそうです。

昔は今と違ってまだ携帯やPCが普及していなかったので、好きな芸能人やスポーツ選手への好きな気持ちを手紙(ファンレター)で送っていたんですよね(笑)
スマホでササッと文字を打つのとは違い、わざわざ紙に文章を書いてポストへ投函するのですから、凄く気持ちがこもっていたように思います。

それにしても、ファンレター一箱分て相当な量ですよね!
今で例えると、Twitterやインスタのフォロワーがみるみる増えていく感じでしょうか^^

途中、故障(怪我)で苦しんだり、年俸(給料)が減額となったり、他球団への移籍を試みた時期もありましたが、2000年に通算1,000試合出場も達成

同年に日本国内の横浜及びヤクルト球団へに移籍交渉、そして引き留める阪神と三つ巴の報道がされていましたが、
移籍先は誰もが予想していなかったアメリカメジャーリーグのニューヨーク・メッツでみんな度肝を抜かれました。

当時イチロー選手と共に日本人野手(投手以外)として初めてのMLB移籍でも話題となりましたよね^^

Sponsored Link
 

新庄剛志(しんじょうつよし):MLBメジャーリーグへ

出典:https://www.instagram.com/

2001年ニューヨーク・メッツ

契約金30万ドル(当時日本円で3,300万円)年俸20万ドル(同2,200万円)プラス出来高払い50万ドル(同5,500万円)の3年契約でした。

左太股の故障(怪我)しながらも走塁し「カミカゼ・スプリント」と称賛されたり、地道に戦績を重ねていきました。
さすが新庄さんですね!

そして、翌2002年の年俸は135万ドル、日本円で1億3,500万円と自身初めて1億超えも達成しました!

やはりプロ野球選手は夢のある職業ですね。
年収1億とは羨ましすぎます^^

2002年サンフランシスコ・ジャイアンツ

トレードでニューヨーク・メッツからサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍することになりました。

守備で肩の力の強さを見せ90mをワンバウンドで送球するなど活躍を見せましたが、右太腿の故障で苦しみ、出場機会が激減。
打撃では前年度より成績を下げてしまいましたが、守備ではリーグ外野手および中堅手の守備率1位を記録するなど好成績を収めました。

2003年ニューヨーク・メッツ

古巣のニューヨーク・メッツに年俸60万ドル(当時日本円で約6,000万円)で戻りました。

オープン戦で最高打率.426という戦績を残しましたが、左内太股故障の影響もあり出場試合が減少。
元々渡米する前にメジャーリーグ移籍は3年と決めていたこともあり、翌年日本へ戻ることにしました。

突然日本に戻ってきた印象がありましたが、自分の中では3年と決めていたのですね。
知りませんでした。
いつまでも留まるわけではなく、スパッと決断して次々と行動する新庄さん潔くてカッコいいですね!

新庄剛志(しんじょうつよし):北海道日本ハムファイターズ

―― 次ページ2へ ――

1 2