スポンサーリンク
話題のプロフェッショナル PR

前田拓摩の経歴が謎すぎ!がん研究から美容クリニックに鞍替えの理由!

スポンサーリンク

前田拓摩引用:https://www.centforce.com/

筋肉医師」こと前田拓摩(まえだ たくま)さんをご存知でしょうか?

かつてはがん研究をする医師として活躍し、2024年現在は美容クリニックの院長を務めるという経歴を持った謎のイケメン医師です。

美しく鍛えられた筋肉を披露したことでも話題になっていますが、前田拓摩さんとは一体何者なのか詳しいプロフィールが気になりますよね

がん研究から美容クリニックに鞍替えをした経緯についても調べてみました。

今回の記事では、

  • 【筋肉医師】前田拓摩のwiki風プロフィール!
  • 謎すぎる!前田拓摩の意外な経歴まとめ!
  • どうして?がん研究から美容クリニックに鞍替えの理由!

これらについて気になったのでご紹介します。
一緒に見ていきましょう♪

【筋肉医師】前田拓摩のwiki風プロフィール!

前田拓摩引用:https://slbc-vogue.jp/

前田拓摩(まえだ たくま)

  • 生年月日:1978年4月23日
  • 年齢:45歳(2024年2月時点)
  • 出身地:福岡県
  • 出身校:浜松医科大学医学部医学科卒
  • 職業:メディカルドクター・タレント
  • 資格:医師免許(形成外科専門医)
  • 所属事務所:セント・フォース

前田拓摩さんは「札幌ル・トロワ ビューティクリニック Vogue」の院長を務めている医師です。

形成外科専門医としての医師免許をしており、かつてはがん研究を行っていました。

また、セント・フォースに所属するタレントでもあり、多方面で活躍しています。

プライベートでは元タレントの一般女性結婚し、現在は息子が1人いるそうですよ。

スポンサーリンク

筋肉医師と呼ばれる理由は?

前田拓摩さんが筋肉医師と呼ばれる理由は、ボティメイクに力を入れておりさまざまな大会で表彰されているからです。

前田拓摩引用:https://news.livedoor.com/

今でこそ立派な筋肉美の前田拓摩さんですが、実は10〜20代の時はガリガリだったとか!

自分の体型をコンプレックスに感じていたそうですよ。

さらに30代に突入すると、中年太りが気になるように……。

そこで一念発起して、37歳の時にライザップに通い始めたそうです。

体を鍛えることにハマってからはどんどん筋肉がついていき、さまざまな大会でグランプリに輝くようになりました。

筋トレを始めて約2年後の2018年にはベストボディジャパンマスターズクラス(40〜49歳部門)でグランプリを獲得しています。

現在では自分のことを「筋肉医師」と呼ぶほど体型に自信がついたようですね。

もともと端正な顔立ちで181cmの長身であることから、筋肉がついてよりイケメン度が増しました。

スポンサーリンク

謎すぎる!前田拓摩の意外な経歴まとめ!

前田拓摩さんは慶應義塾大学中退後に浜松医科大学で医学について学び、がん研究病院での勤務を経て、現在は美容クリニックの院長を務めているという経歴の持ち主です。

前田拓摩さんはさまざまな経験をしているようなので、詳しく経歴をまとめてみました。

  • 1997年:慶応義塾大学 理工学部学問5学科 入学(のちに中退)
  • 1999年:浜松医科大学 医学部医学科 入学
  • 2005年:相模原病院にて研修医となる
  • 2007年:横浜市立大学 形成外科 入局
  • 2008年:がん研有明病院 勤務
  • 2012年:がん研有明病院で形成外科副医長となる
  • 2015年:札幌ル・トロワ ビューティクリニック Vogueの院長となる

引用:https://slbc-vogue.jp/

慶應を中退して医学の道へ

前田拓摩さんはサレジオ学院高等学校を卒業し、慶應義塾大学の理工学部学問5学科に進学しました。

慶應といえば都内有数の難関私立大学であり、現役で入学している時点で前田拓摩さんの秀才さがわかりますね。

しかし慶應での学びに面白みを感じられなくなったそうで、1年で中退し、浜松医科大学で医学の勉強をするという道を選びました。

浜松医科大学引用:https://www.hama-med.ac.jp/

ちなみに学生時代はプロダンサーを目指していたこともあり、かなり本格的に取り組んでいたとか。

そのため現在もダンスが趣味のようです。

浜松医科大学で医学部医学科に入学した後は、相模原病院で研修医を経験もあります。

浜松医科大学も難関校で倍率は高いですので、医学の道を目指してすぐに入学できたのは前田拓摩さんに才能があったからだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

がん研究で凄い実績を持つ

前田拓摩さんは医学部医学科を卒業後、横浜市立大学の附属病院に勤務していました。

もともとは小児科医を目指していたという前田拓摩さん。

しかし内科的な小児科医よりも外科的な環境で働きたいという気持ちがあり、最終的には形成外科の道を選びます。

この頃からすでに美容クリニックでの手術にも携わっていたそうです。

2008年からはがん研有明病院に勤務し始めたのですが、専門医としてかなりの実績を築いてきたとか!

前田拓摩引用:https://president.jp/

30歳の若さで乳房再建の指導医を務めた後に形成外科副医長に就任し、700以上の手術を経験して学会での発表も経験したことがあるそうです。

全国の美容クリニックで活躍中!

前田拓摩さんは現在、札幌ル・トロワ ビューティクリニック Vogue以外にも全国の美容クリニックで活躍し、高い評価を受けているようです。

札幌ル・トロワ ビューティクリニック Vogue引用:https://www.le-trois.jp/

前田拓摩さんが携わっている美容クリニックがこちら。

  • ハーブドリームビューティークリニック 東京本院
  • アマソラクリニック(渋谷)
  • ゼティスビューティクリニック(銀座・大阪)
  • 目黒げんクリニック(目黒)
  • クリニックF(半蔵門)
  • Wクリニック(梅田)
  • 東京美容外科(銀座、新宿、梅田)
  • HAAB×DREAMビューティクリニック(原宿)

札幌から東京、大阪まで、全国規模で活躍していることがわかりますね。

前田拓摩さんに関する口コミも良いものが多いようで、患者のために丁寧にカウンセリングや説明を行うなど施術以外に人柄を褒めるコメントもたくさんありました

スポンサーリンク

どうして?がん研究から美容クリニックに鞍替えの理由!

前田拓摩引用:https://president.jp/

前田拓摩さんががん研究から美容クリニックに鞍替えした理由は、がん研究の現場で患者のコンプレックスに向き合ってきたからではないでしょうか。

前述の通り、前田拓摩さんはがん研有明病院で乳房再建の指導医を務めていました。

乳がん術後の脂肪注入をする際、「乳房を美しく作ろう」とする医師は周りに少なかったそう。

しかし前田拓摩さんは美容クリニックでの手術歴などから患者のコンプレックスに向き合ってきた過去がありました。

そのため乳房再建の際もコンプレックス医療での見地を生かし、患者の乳房を綺麗に見せることにこだわったそうです。

あくまで憶測ですが、前田拓摩さんは患者と丁寧に向き合うことを得意としており、がん研究での経験を含めてより患者のコンプレックスを解決できる道を選んだのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

前田拓摩の経歴が謎すぎ!がん研究から美容クリニックに鞍替えの理由!まとめ

多彩な経歴を持ち、現在は美容クリニックの院長として患者からの信頼を得ている前田拓摩(まえだ たくま)さん。

【筋肉医師】前田拓摩のwiki風プロフィール!
謎すぎる!前田拓摩の意外な経歴まとめ!
どうして?がん研究から美容クリニックに鞍替えの理由!

についてのまとめです。

  • 前田拓摩は「札幌ル・トロワ ビューティクリニック Vogue」の院長を務めている医師であり、タレントとしても活躍している
  • 筋肉医師と呼ばれる理由はボティメイクに力を入れておりさまざまな大会で表彰されているから
  • 慶應義塾大学中退後に浜松医科大学で医学について学び、がん研究病院での勤務を経て、現在は美容クリニックの院長を務めているという経歴の持ち主である
  • サレジオ学院高等学校を卒業し、慶應義塾大学の理工学部学問5学科に進学したが、医学の道を目指すために浜松医科大学の医学部医学科に入学し直した
  • 医学部医学科を卒業後、横浜市立大学の附属病院に勤務した後、がん研有明病院でさまざまな凄い実績を積んだ
  • 現在は札幌ル・トロワ ビューティクリニック Vogue以外にも全国の美容クリニックで活躍し、高い評価を受けている
  • がん研究から美容クリニックに鞍替えした理由は、がん研究の現場で患者のコンプレックスに向き合ってきたからではないか

前田拓摩さんは今までにさまざまな経験をしながらも、医師の道に入った後は患者と向き合うことを何より大切にしていることがわかりました。

形成外科医として高評価を受けているだけでなく、タレントとしても活躍する多才さも凄いですよね。

これからも前田拓摩さんの活躍を応援しています!

↑他の記事もご覧くださいませ♪↓

テキストのコピーはできません。