気になる男性芸能人

与沢翼痩せてイケメンに!【衝撃のダイエット方法】-21kg成功!画像有

かつてネオヒルズ族秒速で一億円稼ぐ男として名を馳せた実業家の与沢翼さん。
海外での豪華な暮らしぶりが度々話題になりますよね^^

久しぶりにテレビで見たら「痩せた!?こんなにイケメンだったかな?」と一瞬誰かわからないほどの変わりように驚いてしまいました><

そこで、あの与沢翼さんがどのような方法でダイエットに成功したのか?
調査してみます!
一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

実業家・与沢翼(よざわつばさ):若い頃の画像は?

少し探したら若かりし頃、20代でしょうか?くらいの画像がありました。
めっちゃギャル男のときもあったのですね。
ちょっとビックリです!

この頃は普通にスリムな男子でイケメンです。
あ、もちろん今の与沢さんも素敵ですよ^^

いかにも女の子に人気がありそうな風貌で、若い頃から女性モテに慣れていた感じがしますね♪

Sponsored Link

実業家・与沢翼(よざわつばさ):ダイエット方法は!?

2018年6月13日に突然ダイエットを決意した与沢翼さん。
このスタート時の体重は”体重91.2kg”。

生活拠点となっている東南アジアでは、健康(BMI25以下)であれば審査に合格し、保険料の掛け金が安くなるそうです。
そこで、資産運用、そして将来、家族に残す財産を豊かなものにするためにダイエットを決意したそうです。

保険料と言っても与沢さんクラスだと億単位で掛け金が変わってくるそうです。
一般庶民の筆者には想像がつきません><

「私にとって減量とは10億円を稼ぐよりも困難なこと」

「株式も為替も仮想通貨も相場チェック辞めました 日本に帰るのも、遊びに行くのも、旅行するのも、全て中止。なるべく意識を一つに絞る以外ないので減量のことだけ朝から晩まで考えてます」

「結果を100%確実に出すために自分で頭を整理した。3か月はまず捨てる。捨てるというのは生きてるのか生きてないのか自分で分からないぐらいまでやる。仕事だろうと予定は全てキャンセル。飲みには一切出ない。例外は許さない。予定を0にして毎日規則正しい生活をする。荒治療じゃないと俺は無理だ!」

とTwitterで宣言し、仕事もプライベートも捨てストイックにダイエットに打ち込み始めました。
さすが何事にも全力で打ち込む与沢さん。
ダイエットにも全力投球ですね!

食事制限から始まり、筋トレ、有酸素運動、断食と試行錯誤を繰り返しながら徐々に自らを追い込んでいきみるみる効果が出て、どんどん高いハードルを越えていく与沢翼さん。
8月にはロードバイク(自転車)も取り入れ、ますますダイエットは加速していきます。

断食中でもトレーニングは休まず続け、筋トレ60分、水泳60分、酵素風呂30分といったメニューをこなす日もあったそうです。
過酷すぎるー><

Sponsored Link

実業家・与沢翼(よざわつばさ):そして現在-21kg成功!

出典:https://twitter.com/

2か月後の8月16日には69.7kgになり、-21.5kgのダイエットに成功しました!
おめでとうございます!
2か月で-21kgは本当に凄いですね!

「今後は自分で納得できる中身になった節目ごとに公表したい!これからが本当に大事。週7の筋トレと有酸素運動 100%必達マイルールで行きます 食事すぐは食べない。」

今後も筋トレと有酸素運動を続けていくと宣言されました。
カッコいいですねー^^

ダイエットに成功した秘訣は

「なぜうまくきたのか?少し考えてみた。
明日から、来週から、とは絶対にしなかったことだろうな。
今から断食、今からワーク。ずっとこれを繰り返した。先延ばしにしたことはなかった。今からやれないなら約束しない。逆に、自分と一度約束したなら今からやる、それができるか。」

「すぐ辞める奴が成功しないのはどの世界でも同じ」

とビジネスと同じで、決めたことを先延ばしにせず、今からすぐに取り掛かかりやり続けたことがダイエットに成功した秘訣だとお話していました。

「ダイエット=ビジネス」という発想はさすが与沢さんですね。
胸にグサッと響きました。

筆者も途中で諦めず、何事もやり続けていこうと思います><

与沢翼さんのビジネス論が知りたい方は、最新の著書「ブチ抜く力」がオススメです♪

ブチ抜く力 [ 与沢 翼 ]

価格:1,760円
(2020/4/27 21:41時点)

実業家・与沢翼(よざわつばさ):まとめ

投資家・与沢翼さんの激やせの秘密、ダイエット方法について調べてみました。

劇的ダイエットから2年経った今も立派に体系維持をしている与沢さんの、これからの活躍も応援しています!
最後までご覧いただきありがとうございました。