スポンサーリンク
スピリチュアル PR

しぶんぎ座流星群2024方角や時間、見頃ピークはいつ?観測場所のおすすめは?

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群引用:https://mainichi.jp/

2024年の幕開けにぜひ観測したい「しぶんぎ座流星群2024」。

しぶんぎ座流星群3大流星群の1つに数えられ、ペルセウス流星群とふたご座流星群に並ぶ流星群です。

年明けと観測時期が重なることもあって、新年にふさわしい縁起物と言われています。

一方でしぶんぎ座流星群は活動期間が短く、流星が多く見える年が限られているという一面も。

しぶんぎ座流星群2024を見て新年の願掛けをしたい人にとっては、見頃ピークの日時や角度、観測場所のおすすめが気になりますよね

今回の記事では、

  • しぶんぎ座流星群2024方角や時間、見頃ピークはいつ?
  • 観測場所のおすすめは?

これらについて気になったのでご紹介します。
一緒に見ていきましょう♪

しぶんぎ座流星群2024方角や時間、見頃ピークはいつ?

スポンサーリンク

見えやすい方角や時間は?

しぶんぎ座流星群引用:https://twitfukuoka.com/

しぶんぎ座流星群2024は全方角に流れるため、基本的にはどの方角からでも見ることができます。

流れ星というのは、放射点を中心として放射状に出現するのが特徴です。

しぶんぎ座流星群の放射点はうしかい座とりゅう座の境界付近にあるため、北東の空が最も流星を観測しやすい方角だと言えるでしょう。

また、夜半に月が昇ってくると月明かりで流星がよく見えなくなってしまう場合も

肉眼で観測する場合は月明かりを避けるためにも東の方角を見た方が良いでしょう。

しぶんぎ座流星群2024が見えやすい時間は明け方の午前1時から5時頃にかけてです。

午前1時から5時頃は放射点が高い位置にくるため、空全体を見渡しやすく、流星が見やすくなります

その中でも、午前5時頃が最も流星を多く観測できるとの予想です。

見頃ピークはいつ?

しぶんぎ座流星群引用:https://www.nao.ac.jp/

しぶんぎ座流星群2024の見頃ピークは、2024年1月4日の午後6時頃とされています。

しぶんぎ座流星群活動期間2023年12月28日から2024年1月12日頃まで

最も活動が活発になる見頃ピークが「2024年1月4日の午後6時頃」になります。

活動期間の中でも星が流れ始めるのは2024年1月1日から1月7日までなので、まさに2024年の幕開けを飾る天文ショーになるでしょう。

見頃ピークとなる「極大」の前後1日も流星を数多く見ることができるので、2024年1月3日から1月5日の間に観測するのがおすすめです。

なお、見頃ピークは2024年11月4日の午後6時頃ですが、この時間帯は放射点近くが地上に現れる前後にあたります。

そのため見頃ピークとなる「極大」の時間は流星群が観測しづらい状態です。

前述のとおり明け方にかけてしぶんぎ座流星群2024が見やすくなるので、2024年1月5日の午前1時から5時頃に観測するのがおすすめになります。

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2024観測場所のおすすめは?

しぶんぎ座流星群2024の観測場所は、街灯を受けない場所を選ぶのがおすすめです。

奥多摩湖から見える夜空引用:https://kurashi-no.jp/

人工の明かりの中では、流星がよく見えない場合も。

そのため、街の中心地など街灯がある場所での観測はおすすめできません

観測場所として選ぶのであれば、「街灯を遮る木々が生い茂った公園」などがおすすめになります。

東京都内のおすすめ観測場所は、石神井公園武蔵野の森公園夢の島公園などです。

自然に囲まれた場所として、奥多摩湖高尾山も流星の観測に適していると言えるでしょう。

また、屋外の暗さに慣れるまでなかなか肉眼で流星を捉えられないという注意点もあります。

肉眼で観察する場合は、最低でも15分ほどは夜空を眺めるようにしてください

屋外の暗さに目が慣れてくれば、流星も見やすくなりますよ。

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群2024方角や時間、見頃ピークはいつ?観測場所のおすすめは?まとめ

見頃ピークの「極大」には、1時間で20から60もの流星を見られることもあるしぶんぎ座流星群

しぶんぎ座流星群2024方角や時間、見頃ピークはいつ?
観測場所のおすすめは?

についてのまとめです。

  • しぶんぎ座流星群2024は全方角に流れるため、基本的にはどの方角からでも見ることができるが、北東の空を広く見渡すと最も流星を観測しやすい
  • 見えやすい時間は明け方の午前1時から5時頃にかけてで、午前5時頃が最も流星を多く観測できると予想されている
  • 見頃ピークとなる「極大」は2024年1月4日の午後6時頃とされているが、2024年1月5日の午前1時から5時頃に観測するのが一番おすすめ
  • 観測場所は街灯を受けない場所を選ぶのがおすすめで、街灯を遮る木々が生い茂った公園などが観測しやすい

しぶんぎ座流星群は1年の中で最初に見ることができる流星群ですが、流星の出現数にムラがあるという難点があるのも事実。

今回の記事で紹介した方角や時間、おすすめの観測場所を参考に、防寒対策をしっかりしてしぶんぎ座流星群2024を観測しましょう。

たくさんの人がしぶんぎ座流星群2024を楽しめるよう願っています!

招き猫画像
財布の使い始めは寝かせると金運UP!色や買うのに良い日は?(風水)お財布を買い替えるときにおすすめの 風水で金運UPの方法。 財布の色や買うのに良い日は? 使い始めは寝かせると金運UP!について調べてみます^^...
【ムーンウォーター】作り方や時間は?新月or満月で効果が違う?飲むだけで体の内側から浄化や開運ができるというムーンウォーターは満月or新月で効果が違うの? 作り方や時間は? 効果はあるの??これらについて気になったので調べてみます^^...

↑他の記事もご覧くださいませ♪↓

テキストのコピーはできません。